一等駆逐艦



暁(竣工時)

排水量基準 1680t, 公試 1950t
長さ垂線間長 106.68m, 水線長 113.30m, 全長 118.0m
全幅10.36m
喫水3.28m
機関2軸減速タービン, 3缶, 50,000shp
燃料重油 475t
速力38ノット
航続力5000海里/14ノット
兵装12.7cm/50口径砲 連装3基 6門, 13mm対空機銃 2門, 61cm魚雷発射管 三連装3基 9門,
爆雷 14発
乗員197



艦名 計画 建造 起工 進水 竣工
Akatsuki昭 2佐世保工廠1930. 2.171932. 5. 71932.11.30一等駆逐艦1942.11.13 戦没
(交戦/ガ島附近)
[09.17S, 159.56E]
1942.12.15 除籍
Hibiki昭 2舞鶴工廠1930. 2.211932. 6.161933. 3.31一等駆逐艦1945.10. 5 除籍
1945.12. 1 特別輸送艦
1947. 7. 5 ソ連へ
1963 解体
Ikazuchi昭 2浦賀船渠1930. 3. 71931.10.221932. 8.15一等駆逐艦1944. 4.13 戦没
(被雷/グアム西方)
[10.13N, 143.51E]
1944. 6.10 除籍
Inazuma昭 2藤永田造船1930. 3. 71932. 2.251932.11.15一等駆逐艦1944. 5.14 戦没
(被雷/セレベス海西部)
[05.08N, 119.38E]
1944. 6.10 除籍




画期的な大型駆逐艦吹雪級は、38ノットの速力を叩き出すためにボイラー4基を必要としていた。吹雪級では、この4基のボイラーから排出される排煙を2本の煙突に導いていた。吹雪級の一艦、はボイラーの効率を上げるため吸気をあらかじめ予熱する装置を実験的に取りつけて竣工した。その結果は非常に良好であり、燃料を大幅に節約することができた。吹雪級として計画された24隻のうち最後の4隻にこの空気予熱器を採用することとなった。これが級である。
級では空気予熱器の採用とともにボイラー1基あたりの容量を増し、ボイラーの数を4基から3基に減らすこととした。この結果、第一煙突にはボイラー1基分だけの排気を担当することとなり、第二煙突の半分の幅となった。これ以後の駆逐艦では後部煙突の方が細いのが普通であり、前部煙突が細いのは級だけなので一見奇妙な印象をもたらす外見となった。機関の改良の他に級では魚雷戦距離の延伸に対応するため艦橋が一甲板追加されて大型化した。もっともこれはのちに復原性能を改善するために縮小されている。
級4隻は太平洋戦争においてアリューシャンからソロモンまでの広い海域で活動し、その結果を除く3隻が戦没、1隻行き残ったは賠償としてソ連に引き渡され、60年代まで使用されていたと言う。



TOPページへ フネのページへ


Copyright © Hiroshi Nishida (Misohito), 1999.
Illustration by courtesy of Tensho