吹雪 一等駆逐艦



特I型(竣工時)


排水量基準 1750t, 公試 2057t
長さ垂線間長 111.86m, 水線長 115.3m, 全長 118.41m
全幅10.36m
喫水3.2m
機関2軸タービン, 4缶, 50,000shp
燃料重油 500t.
速力38ノット
兵装12.7cm/50口径砲 連装3基 6門, 13mm対空機銃 2門,
61cm魚雷発射管 三連装3基 9門, 爆雷 18発
乗員197



艦名 計画 建造 起工 進水 竣工
吹雪
(第35号駆逐艦)
Fubuki
(ex-DD-35)
大12舞鶴工作部1926. 6.191927.11.151928. 8.10一等駆逐艦1942.10.11 戦没
(交戦/ガ島附近)
[09.06S, 159.38E]
1942.11.15 除籍
白雪
(第36号駆逐艦)
Shirayuki
(ex-DD-36)
大12横浜造船1927. 3.191928. 3.201928.12.18一等駆逐艦1943. 3. 3 戦没
(航空攻撃/ダンピール海峡)
[07.15S, 148.30E]
1943. 4. 1 除籍
初雪
(第37号駆逐艦)
Hatsuyuki
(ex-DD-37)
大12舞鶴工作部1927. 4.121928. 9.291929. 3.30一等駆逐艦1943. 7.17 戦没
(航空攻撃/ブイン)
[06.50S, 155.47E]
1943.10.15 除籍
深雪
(第38号駆逐艦)
Miyuki
(ex-DD-38)
大12浦賀船渠1927. 4.301928. 6.291929. 6.29一等駆逐艦1934. 6.29 喪失
と衝突/済州島南方)
[33N, 125.30E]
1934. 8.15 除籍
叢雲
(第39号駆逐艦)
Murakumo
(ex-DD-39)
大12藤永田造船1927. 4.251928. 9.271929. 5.10一等駆逐艦1942.10.12 戦没
(航空攻撃/ガ島附近)
[08.40S, 159.20E]
1942.11.15 除籍
東雲
(第40号駆逐艦)
Shinonome
(ex-DD-40)
大15佐世保工廠1926. 8.121927.11.261928. 7.25一等駆逐艦
(第40号駆逐艦)
1928. 8. 1 改名(東雲)
1941.12.17 戦没
(触雷/ミリ沖)
[04.24N, 114E]
1942. 1.15 除籍
薄雲
(第41号駆逐艦)
Usugumo
(ex-DD-41)
大15石川島造船1926.10.211927.12.261928. 7.26一等駆逐艦
(第41号駆逐艦)
1928. 8. 1 改名(薄雲)
1944. 7. 7 戦没
(被雷/択捉島北方)
[47.43N, 147.55E]
1944. 9.10 除籍
白雲
(第42号駆逐艦)
Shirakumo
(ex-DD-42)
大15藤永田造船1926.10.271927.12.271928. 7.28一等駆逐艦
(第42号駆逐艦)
1928. 8. 1 改名(白雲)
1944. 3.16 戦没
(被雷/襟裳岬沖)
[42.25N, 144.55E]
1944. 3.31 除籍
磯波
(第43号駆逐艦)
Isonami
(ex-DD-43)
大15浦賀船渠1926.10.181927.11.241928. 6.30一等駆逐艦
(第43号駆逐艦)
1928. 8. 1 改名(磯波)
1943. 4. 9 戦没
(被雷/セレベス南東)
[05.26S, 123.04E]
1943. 8. 1 除籍
浦波
(第44号駆逐艦)
Uranami
(ex-DD-44)
昭 2佐世保工廠1927. 4.281928.11.291929. 6.30一等駆逐艦1944.10.26 戦没
(航空攻撃/パナイ島西方)
[11.50N, 123E]
1944.12.10 除籍
綾波
(第45号駆逐艦)
Ayanami
(ex-DD-45)
昭 2藤永田造船1928. 1.201929.10. 51930. 4.30一等駆逐艦1942.11.15 戦没
(交戦/ガ島附近)
[09.10S, 159.52E]
1942.12.15 除籍
敷波
(第46号駆逐艦)
Shikinami
(ex-DD-46)
昭 2舞鶴工作部1928. 7. 61929. 6.221929.12.24一等駆逐艦1944. 9.12 戦没
(被雷/海南島南方)
[18.16N, 114.40E]
1944.10.10 除籍
朝霧
(第47号駆逐艦)
Asagiri
(ex-DD-47)
昭 2佐世保工廠1928.12.121929.11.181930. 6.30一等駆逐艦1942. 8.28 戦没
(航空攻撃/ガ島附近)
[08S, 160.10E]
1942.10. 1 除籍
夕霧
(第48号駆逐艦)
Yugiri
(ex-DD-48)
昭 2舞鶴工作部1929. 4. 11930. 5.121930.12. 3一等駆逐艦1943.11.25 戦没
(交戦/中部ソロモン)
[04.44S, 154E]
1943.12.15 除籍
天霧
(第49号駆逐艦)
Amagiri
(ex-DD-49)
昭 2石川島造船1928.11.281930. 2.271930.11.10一等駆逐艦1944. 4.23 戦没
(触雷/マカッサル海峡南部)
[02.10S, 116.45E]
1944. 6.10 除籍
狭霧
(第50号駆逐艦)
Sagiri
(ex-DD-50)
昭 2浦賀船渠1929. 3.281929.12.231931. 1.30一等駆逐艦1941.12.24 戦没
(被雷/クチン沖)
[01.34N, 110.21E]
1942. 1.15 除籍

(第51号駆逐艦)
Oboro
(ex-DD-51)
昭 2佐世保工廠1929.11.291930.11. 81931.10.31一等駆逐艦1942.10.16 戦没
(航空攻撃/キスカ島附近)
[52.17N, 178.08E]
1942.11.15 除籍

(第52号駆逐艦)
Akebono
(ex-DD-52)
昭 2藤永田造船1929.10.251930.11. 71931. 7.31一等駆逐艦1944.11.13 戦没
(航空攻撃/マニラ湾)
[14.35N, 120.50E]
1945. 1.10 除籍

(第53号駆逐艦)
Sazanami
(ex-DD-53)
昭 2舞鶴工作部1930. 2.211931. 6. 61932. 5.19一等駆逐艦1944. 1.14 戦没
(被雷/パラオ東方)
[05.15N, 141.15E]
1944. 3.10 除籍

(第54号駆逐艦)
Ushio
(ex-DD-54)
昭 2浦賀船渠1929.12.241930.11.171931.11.14一等駆逐艦1945. 9.15 除籍
1948 解体




吹雪級は、続く暁級とあわせて特型と総称される。藤本 喜久雄によって設計されたこのクラスは、それまでの日本式デザインとは一線を画した画期的なもので、駆逐艦としては世界の標準を大きく超えたものでもあった。1800トンの大型船体、38ノットの高速、5インチ砲を6門、そして魚雷発射管9門という性能はそのどれ一つをとっても標準以上であるのに、それらを総てひとつの船体に盛り込んだというのは当時の駆逐艦設計の常識をはるかに超えたものだった。
これ以降、日本の駆逐艦設計においては吹雪型が標準となった。特にその船首楼型船体と兵器配置は終戦まで踏襲された。しかし、昭和10年になって藤本設計の弱点が露呈した。演習中の艦隊が台風に巻き込まれ、吹雪級のうち初雪夕霧の艦首部が切断したのだ。原因は強度不足にあり、そして強度不足の原因は重武装を実現するために船体を限度以上にまで軽量化したことにあった。この結果吹雪型は船体補強工事を施され、その代償として速力が34ノットに低下した。
吹雪級は当初番号のみを付与されていたが、昭和3年8月1日付をもって固有艦名を付与された。戦争中、吹雪級は数の上でも性能の上でも主力とは言えなかったが、なお第一線にあり続けた。戦前に事故で喪失した深雪を除き、19隻中18隻までが戦没した。



TOPページへ フネのページへ


Copyright © Hiroshi Nishida (Misohito), 1999.
Illustration by courtesy of Tensho