浅間 装甲巡洋艦



浅間

排水量常備 9700t
長さ垂線間長 124.36m, 全長 134.72m
全幅20.45m
喫水7.43m
機関2軸レシプロ, 18,000ihp
燃料石炭 1406t
速力21.5ノット
装甲主水線帯 88-180mm, 上部水線帯 125mm, 甲板 50mm,
バーベット, 砲塔, ケースメイト 150mm, 司令塔 75-360mm
兵装20.3cm砲 連装2基 4門, 15.2cm速射砲 単装14基 14門,
12ポンド速射砲 単装12基 12門, 2.5ポンド速射砲 単装7基 7門,
45cm魚雷発射管 5門
乗員726



艦名 計画 建造 起工 進水 竣工
浅間Asama明30英Armstrong1896.111898. 3.221899. 3.18一等巡洋艦1921. 9. 1 一等海防艦
1931. 5.30 海防艦
1942. 7. 1 練習特務艦
1945.11.30 除籍
1947 解体
常磐Tokiwa明30英Armstrong1898. 11898. 7. 61899. 5.18一等巡洋艦1921. 9. 1 一等海防艦
1922. 9.30 敷設艦
1945. 8. 9 戦没
(航空攻撃/大湊)
[41.20N, 141.60E]
1945.11.30 除籍




日清戦争に勝利したものの、ロシアとの角逐がますます激しくなった日本であったが、軍事力に関してはロシアの実力は清国の比ではなく、清国に対してさえ劣勢だった海軍力を飛躍的に強化する必要があった。そこで終戦後まもなく策定された軍備拡張計画では最新の戦艦6隻、大型巡洋艦6隻からなる艦隊を建造するべく、英国をはじめとする欧州先進国に発注された。浅間級はこの一連の大型巡洋艦のうち、英国に発注された最初のものである。
浅間級は本来、英国アームストロング社で発注者未定のまま建造されていたものである。アームストロング社では建造途中で適当な売却先を見つけるつもりでいたらしい。それが急速戦力整備を必要としていた日本の要求と合致した。原設計を多少日本の仕様に適合するよう修正したものの、ほぼアームストロング社の設計のまま建造された浅間級は、当時の典型的かつ最新鋭の装甲巡洋艦で、主兵装は前後の20センチ砲、速力は21ノット強、水線部に7インチ厚の装甲を施したもので掛値なく当時世界最強最精鋭の装甲巡洋艦であった。早くも明治32年には竣工して、浅間常磐の両艦とも内地に来着、翌年勃発した北清事変に早速従軍する。
日露戦争においては2隻とも第2艦隊に所属、所謂上村部隊の主力として東奔西走した。浅間は日本海海戦で有名な東郷ターンの途中で艦首部に損傷、一時戦列外に出るという損害を被った。第一次大戦ではそれぞれ独基地の青島、南洋群島、インド洋、米国西岸作戦などに参加、浅間は米国西岸警備行動中にメキシコで座礁して一時は離礁が危ぶまれたほどであった。戦後、浅間はもっぱら候補生の遠洋航海に用いられたが、常磐は大正11年に敷設艦に改造された。
常磐は太平洋戦争中においても内地や東支那海で機雷敷設作戦に従事していたが、浅間は昭和10年にまたも座礁して船体を傷めていたこともあり、もっぱら繋留されたまま練習任務に使用されていた。常磐は戦争末期に大湊で米艦載機の空襲を被って擱座着底している。両艦とも戦後解体された。



TOPページへ フネのページへ


Copyright © Hiroshi Nishida (Misohito), 1999.
Illustration by courtesy of Tensho