資料−階級表

TOPページへ

明治元(1868)年閏 4月21日

士官の階級を初めて制定
明治 2(1869)年 7月 8日

将官の階級呼称を改定
明治 2(1869)年 8月30日

官等を変更
明治 3(1870)年 9月18日

士官の階級呼称を変更
明治 4(1871)年 7月24日

海軍大元帥などを制定
明治 4(1871)年11月15日

乗組医官の階級を制定
明治 4(1871)年12月 9日

士官の大尉以下を一等および二等に分別す
乗組会計官の階級を制定
明治 5(1872)年 8月25日

少尉相当官以下の職名を初めて制定
明治 5(1872)年10月13日

軍医・秘書・主計・機関官を武官とす
明治 6(1873)年 5月 8日

大元帥・元帥・権曹長を廃す
明治 6(1873)年 8月 8日

士官の官等を改定す
明治 6(1873)年 8月21日

少尉試補を少尉補と改む
明治 7(1874)年 5月 4日

軍楽部の階級呼称を改定す
明治 7(1874)年11月 日

看病夫の階級呼称を改定す
明治 9(1876)年 7月 5日

軍楽隊の階級呼称を改定す
明治 9(1876)年 8月19日

士官の海兵部を廃す
水夫を水兵と改む
明治 9(1876)年 8月26日

砲夫を廃して水兵に統合す
明治 9(1876)年 8月31日

軍医科・秘書科・主計科・機関科の最高官等を一等進む
中士を準士官とし準士官以下の階級呼称を改定す
明治11(1878)年 2月19日

海兵部を廃す
明治11(1878)年 6月24日

看病夫長介を看病夫介と改定す
明治11(1878)年11月20日

一等卒以下の階級呼称を改定す
明治15(1882)年 6月 7日

士官の階級呼称を改定し機関部・主計部に将官相当官を置く
明治15(1882)年 8月10日

卒および准卒の職名を改定す
明治15(1882)年12月15日

軍楽隊に一等卒相当の楽生を置く
明治17(1884)年 7月11日

準士官・下士・卒の職名を改定す
明治18(1885)年 1月31日

卒の職名を改定す
明治18(1885)年 6月20日

海軍准卒を廃す
明治19(1886)年 7月12日

士官のうち中尉および中佐(および同相当官)を廃す
士官の階級呼称を改定す
海軍准士官・下士・卒の職名を改定す
明治19(1886)年10月 2日

少尉および同相当官の下に候補生を置く
明治21(1888)年12月 1日

海軍卒の若水兵などを五等卒と改む
明治22(1889)年 4月15日

下士の艦内教授および警吏を廃す
明治22(1889)年 4月29日

卒に四等および五等軍楽生などを新設す
明治22(1889)年 7月 4日

士官のうち薬剤官に少薬剤官候補生を新設す
明治22(1889)年 7月23日

下士のうち水雷工手を廃す
下士のうち主厨および筆記を主帳とし准士官たる上等主帳を新設す
明治23(1890)年 3月14日

卒のうち工夫を廃す
明治23(1890)年12月27日

卒のうち水雷夫を廃し信号兵を新設す
明治24(1891)年 2月16日

准士官に上等看護手を新設す
下士に信号手を新設す
明治24(1891)年 7月27日

准士官・下士のうち技工を廃す
明治28(1895)年 9月25日

卒のうち火夫・看病夫・厨夫をそれぞれ機関兵・看護・主厨と改む
明治29(1896)年 3月31日

将校相当官の機技部を機関官・造船官・造兵官・水路官とし階級呼称を改む
将校相当官の軍医部を軍医官・薬剤官とし階級呼称を改む
准士官・下士の信号手を信号兵曹と改む
准士官・下士の機関師および機関手を機関兵曹と改む
准士官・下士の主帳を筆記および厨宰と改む
明治30(1897)年 9月16日

将校および同相当官に中尉および中佐(同相当官)を再設す
准士官に兵曹長(および同相当官)を置き高等官とす
信号兵に准士官を新設す
明治33(1900)年 1月31日

将校相当官のうち機関官・軍医官・造船官・造兵官・主計官の最高位を中将相当官とす
明治36(1903)年11月 5日

将校相当官のうち薬剤官・水路官の最高位を大佐相当官とし階級呼称を改む
明治36(1903)年12月 5日

下士・卒のうち鍛冶手および鍛冶を機関兵曹および機関兵に統合す
明治37(1904)年 6月28日

海軍予備員を新設す
明治39(1906)年 1月26日

士官のうち機関官の階級呼称を変更す
明治43(1910)年 5月28日

准士官・下士・卒のうち信号兵を水兵に統合す
大正 4(1915)年12月 2日

将校相当官のうち機関官を機関将校とす
将校相当官に造機官を新設す
特務士官の官階を新設す
大正 8(1919)年 6月 2日

予備員に予備機関中佐を新設す
大正 8(1919)年 9月22日

将校相当官の階級呼称を改む
大正 9(1920)年 4月 1日

機関将校および将校を統合し兵科将校あるいは機関科将校とす
特務士官の最高位を大尉相当官とし階級呼称を改む
下士および卒をそれぞれ下士官および兵とす
特務士官・准士官・下士官・兵の階級呼称を改む
五等水兵および同相当卒を廃す
大正13(1924)年12月20日

機関科将校の少将以上を兵科に統合す
大正15(1926)年 7月12日

薬剤科士官に薬剤少将を新設す
昭和 2(1927)年 6月30日

予備員に予備大佐および予備機関大佐を新設す
昭和 5(1930)年 1月10日

特務士官・准士官・下士官・兵および予備員に航空科を新設す
昭和 5(1930)年12月 1日

特務士官・准士官・下士官・兵の船匠科を廃す
昭和 9(1934)年 3月30日

特務士官・准士官・下士官・兵に整備科を新設す
昭和12(1937)年 4月13日

予備特務士官を廃し予備将校とす
予備員に予備兵を新設す
昭和13(1938)年 3月25日

特務士官・准士官・下士官・兵および予備員に工作科を新設す
昭和16(1941)年 6月 1日

士官に歯科医科を新設す
昭和16(1941)年11月 1日

特務士官・准士官・下士官・兵の看護科を衛生科とし階級呼称を改む
昭和17(1942)年 4月 1日

士官に法務科を新設す
昭和17(1942)年11月 1日

機関科将校を兵科に統合す
造船・造機・造兵・水路各科を技術科に統合す
特務士官の階級呼称を改む
下士官および兵の階級呼称を全面改定す
昭和18(1943)年 6月29日

予備員の階級呼称を改む
昭和18(1943)年11月 1日

軍楽少佐および衛生少佐を士官とす
昭和20(1945)年 5月15日

特務士官・准士官・下士官・兵に法務科を新設す

TOPページへ

Copyright © Hiroshi Nishida (Misohito), 1999.