間宮 給糧艦




排水量基準 15,820t
長さ垂線間長 144.8m
全幅18.59m
喫水8.43m
機関2軸3段膨張レシプロ, 8缶, 10,00bhp
燃料重油 2,100t, 石炭 3,350t
速力14ノット
兵装14cm/50口径砲 単装2基 2門, 8cm/40口径高角砲 単装2基 2門
乗員283



艦名 計画 建造 起工 進水 竣工
間宮Mamiya大12川崎 神戸1922.10.251923.10.261924. 7.15運送艦1944.12.20 戦没
(被雷/南支那海)
[17.48N, 114.09E]
1945. 2.10 除籍




間宮は、その外見はいわゆる三島式の商船構造をしており、海軍艦艇にはとても見えないし、実際その建造にあたっては商船の設計手法が用いられた。にもかかわらず、間宮は竣工以来ほぼ一貫して聯合艦隊に配属されており、かつ「聯合艦隊でもっとも将兵に人気のある艦」と呼ばれた。
なぜならば、間宮は運送艦の中でも給糧艦に類別されており、18000名に対する3週間分の食糧を補給するだけの能力があったからである。つまり、艦隊が作業泊地にあって訓練中に、間宮が入港するということはすなわち、新鮮な食糧の到着を意味した。
間宮には獣肉、魚肉、野菜、果実などのための冷蔵室や冷凍室が完備しており、また多くの傭人が乗船してアイスクリーム、羊羹、最中、饅頭、ラムネ、こんにゃく、豆腐なども製造していた。また下手な洗濯屋も顔負けのクリーニング設備もあったという。
それとは別に、無線設備も優れていたため訓練ではしばしば無線監査を実施し、また病室や治療室も完備していた。
開戦直前に新型の給糧艦が完成するまでは、間宮は海軍で唯一の給糧艦であり、艦隊将兵の士気の維持高揚に多大な貢献をした。
間宮は昭和19年末、南支那海で潜水艦の雷撃を受け戦没した。



TOPページへ フネのページへ


Copyright © Hiroshi Nishida (Misohito), 1999.