鵜来 海防艦



鵜来

排水量基準 940t, 公試 1004t
長さ垂線間長 72.5m, 水線長 77.5m, 全長 78.8m
全幅9.1m
喫水3.06m
機関2軸ディーゼル, 4200bhp
速力19.5ノット
兵装12cm/45口径砲 連装1基単装1基 3門, 25mm対空機銃 6門, 爆雷 120発
乗員約150



艦名 建造 起工 進水 竣工
鵜来Ukuru五(昭16)日本鋼管 鶴見1943.10. 91944. 5.151944. 7.31海防艦1945.11.30 除籍
1945.12. 1 掃海艦
1946. 7.10 掃海母船
1947.12. 2 指定解除
1947.12.26 運輸省海運総局移管
(中央気象台定点観測船 鵜来丸)
1949. 1. 1 海保(巡視船さつま)
1965.11.24 除籍
日振Hiburi五(昭16)日立 桜島1944. 1. 31944. 4.101944. 6.27海防艦1944. 8.22 戦没
(被雷/マニラ湾口)
[14.15N, 120.25E]
1944.10.10 除籍
昭南Shonan五(昭16)日立 桜島1944. 2.231944. 5.191944. 7.13海防艦1945. 2.25 戦没
(被雷/海南島南方)
[17.52N, 110.05E]
1945. 4.20 除籍
大東Daito五(昭16)日立 桜島1944. 2.231944. 6.241944. 8. 7海防艦1945.11.16 喪失
(触雷/対馬海峡東水道)
1945.11.20 除籍
沖縄Okinawa五(昭16)日本鋼管 鶴見1943.12.101944. 6.191944. 8.16海防艦1945. 7.30 戦没
(航空攻撃/舞鶴)
[35.30N, 135.21E]
1945. 9.15 除籍
久米Kume急(昭17)日立 桜島1944. 5.261944. 8.151944. 9.25海防艦1945. 1.28 戦没
(被雷/黄海)
[33.54N, 122.55E]
1945. 3.10 除籍
生名Ikuna急(昭17)日立 桜島1944. 6.301944. 9. 41944.10.15海防艦1945.11.30 除籍
1945.12. 1 掃海艦
1946. 7.10 掃海母艦
1947.12.26 指定解除
運輸省海運総局移管
(中央気象台定点観測船 生名丸)
1949. 1. 1 海保(巡視船おじか)
1963. 5.25 除籍
新南Shinnan五(昭16)浦賀船渠1944. 5.241944. 9. 51944.10.21海防艦1945.11.30 除籍
1945.12. 1 掃海艦
1946. 7.10 掃海母艦
1947.11. 1 指定解除
1947.12.26 運輸省海運総局移管
(中央気象台定点観測船 新南丸)
1949. 1. 1 海保(巡視船つがる)
1966. 6. 3 除籍
1967.10 石油開発公団
屋久Yaku急(昭17)浦賀船渠1944. 5.241944. 9. 51944.10.23海防艦1945. 2.23 戦没
(被雷/仏印沖)
[12.44N, 109.29E]
1945. 4.10 除籍
粟国Aguni五(昭16)日本鋼管 鶴見1944. 2.151944. 9.211944.12. 2海防艦1945.11.30 除籍
1948. 5.20 解体完了
目斗Mokuto急(昭17)日立 桜島1944.11. 51945. 1. 71945. 2.19海防艦1945. 4. 4 戦没
(触雷/関門海峡)
[33.53N, 131.03E]
1945. 5. 5 除籍
稲木Inagi臨(昭18)三井 玉野1944. 5.151944. 9.251944.12.16海防艦1945. 8. 9 戦没
(航空攻撃/八戸)
[40.32N, 141.30E]
1945. 9.15 除籍
宇久Uku臨(昭18)佐世保工廠1944. 8. 11944.11.121944.12.30海防艦1945.10. 5 除籍
1945.12. 1 特別輸送艦
1947. 7. 4 米へ, 解体
竹生Chikubu急(昭17)浦賀船渠1944. 9. 81944.11.241944.12.31海防艦1945.11.30 除籍
1945.12. 1 掃海艦
1946. 7.10 掃海母艦
1947.11. 1 指定解除
1947.12.26 運輸省海運総局移管
(中央気象台定点観測船 竹生丸)
1949. 1. 1 海保(巡視船あつみ)
1962. 4.10 除籍
羽節Habushi臨(昭18)三井 玉野1944. 8.201944.11.201945. 1.10海防艦1945.10. 5 除籍
1945.12. 1 特別輸送艦
1947. 9. 6 米へ
1947.10.13 解体完了
崎戸Sakito急(昭17)日立 桜島1944. 9. 71944.11.291945. 1.10海防艦1945.11.20 除籍
1947.12. 1 解体完了
久賀Kuga臨(昭18)佐世保工廠1944. 8. 11944.11.191945. 1.25臨(昭18)海防艦1945.11.30 除籍
1948. 5.30 解体完了
男鹿Ojika臨(昭18)三井 玉野1944. 9. 71944.12.301945. 2.21海防艦1945. 5. 2 戦没
(被雷/黄海)
[33.56N, 122.49E]
1945. 5.25 除籍
神津Kozu急(昭17)浦賀船渠1944.10.201944.12.311945. 2. 7海防艦1945.11.30 除籍
1945.12. 1 掃海艦
1947. 8.28 ソ連へ
金輪Kanawa臨(昭18)三井 玉野1944.11.151944.11.151945. 3.15海防艦1945.10. 5 除籍
1945.12. 1 特別輸送艦
1947. 8.14 英へ, 解体
志賀Shiga臨(昭18)佐世保工廠1944.11.251945. 2. 91945. 3.20海防艦1945.11.30 除籍
1945.12. 1 掃海艦
1946.11. 1 米軍連絡船
1947.12.31 指定解除
運輸省移管
1950.12.31 中央気象台定点観測船(志賀丸)

1949. 1. 1 海保(海保大学校練習船こじま)
1964. 5. 6 除籍
1965. 8.31 千葉市海洋公民館
奄美Amami五(昭16)日本鋼管 鶴見1944. 2.141944.11.301945. 4. 8海防艦1945.10. 5 除籍
1945.12. 1 特別輸送艦
1947. 9.10 英へ
1947.12.20 解体完了
保高Hodaka急(昭17)浦賀船渠1944.11.271945. 1.281945. 3.30海防艦1945.10. 5 除籍
1945.12. 1 特別輸送艦
1947. 7.19 米へ
1948. 3. 1 解体完了
波太Habuto急(昭17)日立 桜島1944.12. 31945. 2.281945. 4. 7海防艦1945.10.23 除籍
1945.12. 1 特別輸送艦
1947. 7.16 英へ, 解体
伊王Iwo臨(昭18)舞鶴工廠1944.11.251945. 2.121945. 3.24海防艦1945.10. 5 除籍
1945.12. 1 特別輸送艦
1948. 7. 2 解体完了
高根Takane臨(昭18)三井 玉野1944.12.151945. 2.131945. 4.26海防艦1945.10. 5 除籍
1947.11.27 解体完了
伊唐Ikara急(昭17)浦賀船渠1944.12.261945. 2.221945. 4.30海防艦1945.11.30 除籍
1948. 4 漁港防波堤(秋田県)
四阪Shisaka急(昭17)日立 桜島1944. 8.211944.10.311944.12.15海防艦1945. 9.15 除籍
1945.12. 1 特別輸送艦
1947. 7. 6 中国へ(恵安)
1949 中共へ
生野Ikuno急(昭17)浦賀船渠1945. 1. 31945. 3.111945. 7.17海防艦1945. 9.15 除籍
1945.12. 1 特別輸送艦
1947. 7.29 ソ連へ
大津Otsu急(昭17)日立 桜島1945. 1.121945. 5.10-1946. 2.17 浸水転覆
1948. 3.25 未成解体完了
蔚美Urumi急(昭17)浦賀船渠?1945. 5.26-1946 未成解体
室津Murotsu急(昭17)浦賀船渠?1945. 6.15-1946 未成解体
友知Tomoshiri急(昭17)日立 桜島1945. 3. 5--1947.10.23 未成解体完了




海防艦はあまり知られていないが、結局は船団護衛を主な目的として量産された艦種である。「結局は」と書いたのは、当初はそういう目的ではなかったからであるが、結果としてそういうことになった。設計の眼目は船団に追従するための長大な航続力と量産性である。大戦勃発当時の(船団護衛型の)海防艦は4隻に過ぎなかったが、船舶の被害が増大するに至って昭和18年半ばに艦艇建造緩急順位を定めた時に優先度一位とされ、最終的に172隻が建造された。
鵜来級は、海防艦の中では比較的高性能(その代わり量産性は劣る)の甲型といわれる系列の最終発展形で、63隻が計画されたが30隻は建造取りやめとなり、4隻は終戦時未成で、完成したのは29隻である。設計に際しては工数の削減につとめ、艦尾を直線状のトランサム・スターンとし、甲板のキャンパー(水はけのための外舷向けの傾斜)も廃止し、艦首は円錐形のファッション・プレートを採用、シアやフレアも直線状とし、艦底からのカットアップも直線とした。こういった徹底した簡易船型の採用には根強い反対意見もあったが、実用的にはあまり大きな問題ではなかったという。最終的には鵜来級の工数は3万程度となり、平均4ヶ月で就役にこぎつけることができた。
甲型の初期型では、艦隊護衛なども考慮した多目的のものとされ、掃海具なども装備された。これが結局は徹底を欠くものとなったが、鵜来級においては掃海具などは撤去され、その代わりに爆雷兵装が飛躍的に強化された。後甲板には爆雷投射機や爆雷投下軌条がぎっしりと並べられ、爆雷庫からの揚弾も円滑に行なわれるよう考慮されていた。まず、当時の日本海軍では最良の対潜艦であったといってよかろう。しかし、日本海軍の対潜装備の根本的な弱点である、前投対潜兵器の欠如および対潜ソナーの貧弱さはいかんともし難かった。



TOPページへ フネのページへ


Copyright © Hiroshi Nishida (Misohito), 1999.
Illustration by courtesy of Tensho