清輝 スループ




排水量常備 897t
長さ水線長 60.96m
全幅9.14m
喫水3.96m
機関1軸レシプロ, 443ihp
速力9.5ノット
兵装15cm砲 1門, 12cm砲 1門, 6ポンド砲 1門, 四連装ノルデンフェルド機関銃 3挺
乗員167



艦名 計画 建造 起工 進水 竣工
清輝Seiki明 6横須賀工廠1873. 6.201875. 5. 51876. 6.211888.12. 7 擱座
(座礁/駿河湾)
[35.07N, 138.40E]




清輝は明治初期に横須賀造船所で国産されたスループである。内容には新味はほとんどない。むしろ、国内で洋式軍艦を建造するための習作であると考えるべきであろう。1000トンに満たぬ小艦でありながら建造には3年近くを要している。木造、3檣バークの汽帆両用で、機関は横置往復動(レシプロ)機関1軸。兵装としてクルップ式15センチ砲その他を搭載している。
竣工後まもなく西南戦争に参戦しているが、翌明治11年から12年にかけてヨーロッパ方面に長期航海を行なっている。国産軍艦で、日本人だけの手によって1年以上も欧州方面に巡航したのはこれが初めてで、日本海軍史上特記すべきこととして記録されている。その後は明治15年の京城事変に出征したりしているがもっぱら練習任務に充当されていたらしい。明治21年末、機関術練習生の訓練航海中に駿河湾で触礁破壊された。残骸は翌年売却。



TOPページへ フネのページへ


Copyright © Hiroshi Nishida (Misohito), 1999.