海中VI 二等潜水艦




排水量基準 960t, 水上 1115t, 水中 1447t
長さ垂線間長 76.50m, 水線長 79.00m, 全長 80.50m
全幅7.05m
喫水4.07m
機関2軸ディーゼル/電動機, 水上 4200bhp,水中 1200shp
速力水上 19.7ノット,水中 8ノット
兵装53cm魚雷発射管 4門, 8cm/40口径高角砲 1門, 25mm対空機銃 2門
乗員54



艦名 計画 建造 起工 進水 竣工
呂号第35潜水艦Ro-35四(昭14)三菱 神戸1941.10. 91942. 6. 41943. 3.25二等潜水艦1943. 8.25 戦没
(交戦/エスピリツサント附近)
[12.57S, 164.23E]
1943.10. 2 亡失認定
1943.12. 1 除籍
呂号第36潜水艦Ro-36四(昭14)三菱 神戸1942. 3. 71942.10.141943. 5.27二等潜水艦1944. 6.13 戦没
(交戦/サイパン東方)
[15.21N, 147E]
1944. 7.12 亡失認定
1944. 8.10 除籍
呂号第37潜水艦Ro-37四(昭14)三菱 神戸1941.10. 91942. 6.301943. 6.30二等潜水艦1944. 2.17 亡失認定
(エスピリツサント方面)
[11.47S, 164.17E]
1944. 4.30 除籍
呂号第38潜水艦Ro-38四(昭14)三菱 神戸1942. 6.201942.12.241943. 7.24二等潜水艦1944. 1. 2 亡失認定
(ギルバート方面)
1944. 4.30 除籍
呂号第39潜水艦Ro-39四(昭14)佐世保工廠1942. 8. 81943. 3. 61943. 9.12二等潜水艦1944. 2. 3 戦没
(交戦/ウォッゼ東方)
[09.24N, 170.32E]
1944. 3. 5 亡失認定
1944. 4.30 除籍
呂号第40潜水艦Ro-40四(昭14)三菱 神戸1942. 8. 81943. 3. 61943. 9.28二等潜水艦1944. 2.16 戦没
(交戦/クェゼリン附近)
[09.50N, 166.35E]
1944. 3.28 亡失認定
1944. 4.30 除籍
呂号第41潜水艦Ro-41四(昭14)三菱 神戸1942.10. 61943. 5. 51943.11.26二等潜水艦1945. 3.23 戦没
(交戦/沖縄南東)
[22.57N, 132.19E]
1945. 4.15 亡失認定
1945. 5.25 除籍
呂号第42潜水艦Ro-42四(昭14)佐世保工廠1942. 4.271942.10.251943. 8.31二等潜水艦1944. 7.12 亡失認定
(サイパン附近)
[10.05N, 168.22E]
1944. 8.10 除籍
呂号第43潜水艦Ro-43四(昭14)三菱 神戸1942.10. 61943. 6. 51943.12.16二等潜水艦1945. 2.27 戦没
(航空攻撃/硫黄島附近)
[25.07N, 140.19E]
1945. 3.14 亡失認定
1945. 4.10 除籍
呂号第44潜水艦Ro-44五(昭16)玉野造船1942. 2.141942.11.111943. 9.13二等潜水艦1944. 6.16 戦没
(交戦/ブラウン附近)
[11.13N, 164.15E]
1944. 7.12 亡失認定
1944. 8.10 除籍
呂号第45潜水艦Ro-45五(昭16)三菱 神戸1942.10.201943. 7.211944. 1.11二等潜水艦1944. 5. 1 戦没
(交戦/トラック南方)
[06.13N, 151.19E]
1944. 5.20 亡失認定
1944. 7.10 除籍
呂号第46潜水艦Ro-46五(昭16)三菱 神戸1942. 6.131943. 4.231944. 2.19二等潜水艦1945. 4.29 戦没
(航空攻撃/沖大東島附近)
1945. 5. 2 亡失認定
1945. 6.10 除籍
呂号第47潜水艦Ro-47五(昭16)玉野造船1942.12.281943. 8.201944. 1.31二等潜水艦1944. 9.26 戦没
(交戦/パラオ北東)
[09.19N, 136.44E]
1944.11. 2 亡失認定
1945. 3.10 除籍
呂号第48潜水艦Ro-48五(昭16)三菱 神戸1942. 3.171943.10.151944. 3.31二等潜水艦1944. 7.14 戦没
(交戦/サイパン北西)
[15.18N, 144.26E]
1944. 7.15 亡失認定
1944.10.10 除籍
呂号第49潜水艦Ro-49五(昭16)玉野造船1942.11.161943. 8. 31944. 5.19二等潜水艦1945. 4.15 亡失認定
(沖縄方面)
[26.22N, 126.30E]
1945. 5.25 除籍
呂号第50潜水艦Ro-50五(昭16)玉野造船1943. 2.181943.11.271944. 7.31二等潜水艦1945.11.30 除籍
1946. 4. 1 処分
呂号第51潜水艦Ro-51五(昭16)----1943 建造取止
呂号第52潜水艦Ro-52五(昭16)----1943 建造取止
呂号第53潜水艦Ro-53五(昭16)----1943 建造取止
呂号第54潜水艦Ro-54五(昭16)----1943 建造取止
呂号第55潜水艦Ro-55五(昭16)玉野造船1943. 8. 51944. 4.231944. 9.30二等潜水艦1945. 2. 7 戦没
(交戦/リンガエン南方)
[15.27N, 119.25E]
1945. 3. 1 亡失認定
1945. 5.10 除籍
呂号第56潜水艦
(呂号第75潜水艦)
Ro-56
(Ro-75)
五(昭16)玉野造船1943.12. 21944. 7. 51944.11.15二等潜水艦1945. 4.15 亡失認定
(沖縄方面)
[26.09N, 130.21E]
1945. 5.25 除籍
呂号第70潜水艦Ro-70五(昭16)----1943 建造取止
呂号第71潜水艦Ro-71五(昭16)----1943 建造取止
呂号第72潜水艦Ro-72五(昭16)----1943 建造取止
呂号第73潜水艦Ro-73五(昭16)----1943 建造取止
呂号第74潜水艦Ro-74五(昭16)----1943 建造取止
呂号第200潜水艦Ro-200急(昭17)----1943 建造取止
呂号第201潜水艦Ro-201急(昭17)----1943 建造取止
呂号第202潜水艦Ro-202急(昭17)----1943 建造取止
呂号第203潜水艦Ro-203急(昭17)----1943 建造取止
呂号第204潜水艦Ro-204急(昭17)----1943 建造取止
呂号第205潜水艦Ro-205急(昭17)----1943 建造取止
呂号第206潜水艦Ro-206急(昭17)----1943 建造取止
呂号第207潜水艦Ro-207急(昭17)----1943 建造取止
呂号第208潜水艦Ro-208急(昭17)----1943 建造取止
呂号第209潜水艦Ro-209急(昭17)----1943 建造取止
呂号第210潜水艦Ro-210急(昭17)----1943 建造取止
呂号第211潜水艦Ro-211急(昭17)----1943 建造取止
呂号第212潜水艦Ro-212急(昭17)----1943 建造取止
呂号第213潜水艦Ro-213急(昭17)----1943 建造取止
呂号第214潜水艦Ro-214急(昭17)----1943 建造取止
呂号第215潜水艦Ro-215急(昭17)----1943 建造取止
呂号第216潜水艦Ro-216急(昭17)----1943 建造取止
呂号第217潜水艦Ro-217急(昭17)----1943 建造取止
呂号第218潜水艦Ro-218急(昭17)----1943 建造取止
呂号第219潜水艦Ro-219急(昭17)----1943 建造取止
呂号第220潜水艦Ro-220急(昭17)----1943 建造取止
呂号第221潜水艦Ro-221急(昭17)----1943 建造取止
呂号第222潜水艦Ro-222急(昭17)----1943 建造取止
呂号第223潜水艦Ro-223急(昭17)----1943 建造取止
呂号第224潜水艦Ro-224急(昭17)----1943 建造取止
呂号第225潜水艦Ro-225急(昭17)----1943 建造取止
呂号第226潜水艦Ro-226急(昭17)----1943 建造取止
呂号第227潜水艦Ro-227急(昭17)----1943 建造取止




日本海軍は昭和の初め頃から大型潜水艦の整備に力を入れてきた。太平洋を西進して来るであろう米艦隊を迎撃する、いわゆる漸減作戦に使用するためである。海大型や巡潜型などの建造に主眼がおかれ、通商破壊に充当すべき中型潜水艦の整備にはあまり力は入れられなかった。
昭和6年のマル1計画で、戦時に量産して通商破壊に使用される中型潜水艦のプロトタイプが建造されることになった。それまでに建造されていた海軍中型、いわゆる海中型の系列に属する海中V型である。このタイプは昭和10年に2隻が竣工し、優秀な成績を示したがそれ以上の整備は行われなかった。
昭和16年、戦争も間近に迫って潜水艦の急速建造が急務となると、海中V型が思い出され、戦時計画でその改良型が建造された。その後追加計画を加えて実に79隻が計画されたが、最終的に完成したのは18隻にとどまった。これが海中VI型である。
海中VI型はドイツUボートのIX型に相当し、太平洋での通商破壊を目的とした量産に適した艦型で、実際後期艦は起工から1年程度で竣工させることができた。使用成績も良好で、水中運動性能も優秀だったという。
しかし、完成した戦争中期以降は潜水艦の損耗も激化しており、海中VI型も大型潜水艦に伍して前線に投入され、ついに1隻を残して戦没した。



TOPページへ フネのページへ


Copyright © Hiroshi Nishida (Misohito), 1999.