乙I 一等潜水艦




排水量基準 2198t, 水上 2589t, 水中 3654t
長さ垂線間長 102.4m, 水線長 106.9m, 全長 108.7m
全幅9.3m
喫水5.14m
機関2軸ディーゼル/電動機, 水上 12,400bhp,水中 2000shp
速力水上 23.6ノット,水中 8ノット
兵装53cm魚雷発射管 6門, 14cm/40口径砲 1門, 25mm対空機銃 2門, 航空機 1機
乗員101



艦名 計画 建造 起工 進水 竣工
伊号第15潜水艦I-15三(昭12)呉工廠1938. 1.251939. 3. 71940. 9.30一等潜水艦1942.12. 5 亡失認定
(ガ島方面)
[10.53S, 161.50E]
1942.12.24 除籍
伊号第17潜水艦I-17三(昭12)横須賀工廠1938. 4.181939. 7.191941. 1.24一等潜水艦1943. 8.19 戦没
(交戦/ヌーメア沖)
[23.26S, 166.50E]
1943.10.24 亡失認定
1943.12. 1 除籍
伊号第19潜水艦I-19三(昭12)三菱 神戸1938. 3.151939. 9.161941. 4.28一等潜水艦1943.11.25 戦没
(交戦/マキン沖)
[03.10N, 171.55E]
1944. 2. 2 亡失認定
1944. 4.30 除籍
伊号第21潜水艦I-21三(昭12)川崎 神戸1939. 1. 71940. 2.241941. 7.15一等潜水艦1943.11.29 戦没
(航空攻撃/ギルバート方面)
1943.12.24 亡失認定
1944. 4.30 除籍
伊号第23潜水艦I-23三(昭12)横須賀工廠1938. 1.281939.11.241941. 9.27一等潜水艦1942. 2.28 亡失認定
(ハワイ方面)
1942. 4.30 除籍
伊号第25潜水艦I-25三(昭12)三菱 神戸1939. 2. 31940. 6. 81941.10.15一等潜水艦1943. 9. 3 戦没
(交戦/ニューヘブライズ沖)
1943.10.24 亡失認定
1943.12. 1 除籍
伊号第26潜水艦I-26四(昭14)呉工廠1939. 6. 71940. 4.101941.11. 6一等潜水艦1944.10.25 戦没
(交戦/レイテ島東方)
[10.56N, 127.13E]
1944.11.21 亡失認定
1945. 3.10 除籍
伊号第27潜水艦I-27四(昭14)佐世保工廠1939. 7. 51940. 6. 61942. 2.24一等潜水艦1944. 2.13 戦没
(交戦/モルジブ南西)
1944. 7.10 除籍
伊号第28潜水艦I-28四(昭14)三菱 神戸1939. 9.251940.12.181942. 2. 6一等潜水艦1942. 5.16 亡失認定
1942. 5.17 戦没
(被雷/トラック南方)
[06.30N, 152E]
1942. 6.15 除籍
伊号第29潜水艦I-29四(昭14)横須賀工廠1939. 9.201940. 9.291942. 2.27一等潜水艦1944. 7.26 戦没
(被雷/バシー海峡)
[20.10N, 121.55E]
1944.10.10 除籍
伊号第30潜水艦I-30四(昭14)呉工廠1939. 6. 71940. 9.171942. 2.28一等潜水艦1943.10.13 戦没
(触雷/シンガポール沖)
1944. 4.15 除籍
伊号第31潜水艦I-31四(昭14)横須賀工廠1939.12. 61941. 3.131942. 5.30一等潜水艦1943. 5.13 戦没
(交戦/アッツ島附近)
1943. 5.14 亡失認定
1943. 8. 1 除籍
伊号第32潜水艦I-32四(昭14)佐世保工廠1940. 1.201940.12.171942. 4.26一等潜水艦1944. 3.24 戦没
(交戦/ウォッゼ附近)
[08.30N, 170.10E]
1944. 3.24 亡失認定
1944. 6.10 除籍
伊号第33潜水艦I-33四(昭14)三菱 神戸1940. 2.211941. 5. 11942. 6.10一等潜水艦1942. 9.26 沈没
(トラック環礁)
1942.12.29 引揚
1944. 6.13 喪失
(事故/伊予灘)
[33.40N, 132.30E]
1944. 8.10 除籍
伊号第34潜水艦I-34四(昭14)佐世保工廠1941. 1. 91941. 9.241942. 8.31一等潜水艦1943.11.13 戦没
(被雷/ペナン沖)
[05.26N, 100.06E]
1944. 1. 5 除籍
伊号第35潜水艦I-35四(昭14)三菱 神戸1940. 9. 21941. 9.241942. 8.31一等潜水艦1943.11.22 戦没
(交戦/タラワ南方)
[01.22N, 172.47E]
1944. 1.10 亡失認定
1944. 4.30 除籍
伊号第36潜水艦I-36四(昭14)横須賀工廠1940.12. 41941.11. 11942. 9.30一等潜水艦1945.11.30 除籍
1946. 4. 1 処分
伊号第37潜水艦I-37四(昭14)呉工廠1940.12. 71941.10.221943. 3.10一等潜水艦1944.11.19 戦没
(交戦/パラオ北方)
[08.07N, 134.16E]
1944.12. 6 亡失認定
1945. 3.10 除籍
伊号第38潜水艦I-38四(昭14)佐世保工廠1941. 6.191942. 4.151943. 1.31一等潜水艦1944.11.12 戦没
(交戦/ヤップ南方)
[08.04N, 138.92E]
1944.12. 6 亡失認定
1945. 3.10 除籍
伊号第39潜水艦I-39四(昭14)佐世保工廠1941. 6.191942. 4.151943. 4.22一等潜水艦1943.11.26 戦没
(交戦/マキン西方)
1944. 2.20 亡失認定
1944. 4.30 除籍




大正以来、水上速力を重視した海大型と、航続力を重視した巡洋潜の2系列で発達してきた昭和初期の大型潜水艦だが、開戦直前にいたってそれを兼ね備えた潜水艦が漸く現われた。いわゆる甲型、乙型、丙型がそれである。このうち、偵察能力を重視したのが本項で述べる乙型である。
世界で唯一、潜水艦に偵察機を搭載しそれを実戦で用いた日本海軍だが、乙型の最大の特徴は艦橋前の大型格納筒とそこに収められた小型水偵、そして前甲板のほとんどを占めるカタパルトによって表される航空機搭載能力である。乙型のうち乙I型は、20隻もの多数をしめ、戦争中には数量的にも実質上も日本潜水艦の主力となった。
1隻のみをのぞいて、すべての艦が戦没した。



TOPページへ フネのページへ


Copyright © Hiroshi Nishida (Misohito), 1999.