神風 一等駆逐艦



神風(竣工時)

排水量常備 1400t, 満載 1720t
長さ垂線間長 97.5m, 全長 102.6m
全幅9.1m
喫水2.9m
機関2軸減速タービン, 4缶, 38,500shp
燃料重油 420t
速力37.2ノット
航続力3600海里/14ノット
兵装12cm/45口径砲 4門, 7.7mm機関銃 2挺, 53cm魚雷発射管 連装3基 6門, 機雷 20発
乗員148



艦名 計画 建造 起工 進水 竣工
神風
(第1号駆逐艦)
Kamikaze
(ex-DD-1)
八六(大 7)三菱 長崎1921.12.151922. 9.251922.12.19一等駆逐艦
(第1駆逐艦)
1924. 4. 1 第1号駆逐艦
1928. 8. 1 改名(神風)
1945.10. 5 除籍
1945.12. 1 特別輸送艦
1946. 6. 7 擱座
(座礁/御前崎)
1946. 6.26 指定解除
1947 解体
朝風
(第3号駆逐艦)
Asakaze
(ex-DD-3)
八六(大 7)三菱 長崎1922. 2.161922.12. 81923. 6.16一等駆逐艦
(第3駆逐艦)
1924. 4. 1 第3号駆逐艦
1928. 8. 1 改名(朝風)
1944. 8.23 戦没
(被雷/リンガエン湾西方)
[16.06N, 119.44E]
1944.10.10 除籍
春風
(第5号駆逐艦)
Harukaze
(ex-DD-5)
八六(大 7)舞鶴工廠1922. 5.161922.12.181923. 5.31一等駆逐艦
(第5駆逐艦)
1924. 4. 1 第5号駆逐艦
1928. 8. 1 改名(春風)
1945.11.10 除籍
1947 解体
松風
(第7号駆逐艦)
Matsukaze
(ex-DD-7)
八八(大 9)舞鶴工廠1922.12. 21923.10.301924. 4. 5一等駆逐艦
(第7号駆逐艦)
1928. 8. 1 改名(松風)
1944. 6. 9 戦没
(被雷/父島北西)
[26.59N, 143.13E]
1944. 8.10 除籍
旗風
(第9号駆逐艦)
Hatakaze
(ex-DD-9)
八八(大 9)舞鶴工廠1923. 7. 31924. 3.151924. 8.30一等駆逐艦
(第9号駆逐艦)
1928. 8. 1 改名(旗風)
1945. 1.15 戦没
(航空攻撃/高雄附近)
[22.37N, 120.15E]
1945. 3.10 除籍
追風
(第11号駆逐艦)
Oite
(ex-DD-11)
大12浦賀船渠1923. 3.161924.11.271925.10.30一等駆逐艦
(第11号駆逐艦)
1928. 8. 1 改名(追風)
1944. 2.18 戦没
(航空攻撃/トラック島)
[07.40N, 151.45E]
1944. 3.31 除籍
疾風
(第13号駆逐艦)
Hayate
(ex-DD-13)
大12石川島造船1922.11.111925. 3.231925.11.21一等駆逐艦
(第13号駆逐艦)
1928. 8. 1 改名(疾風)
1941.12.11 戦没
(交戦/ウェーク沖)
[19.16N, 166.37E]
1942. 1.10 除籍
朝凪
(第15号駆逐艦)
Asanagi
(ex-DD-15)
大12藤永田造船1923. 3. 51924. 4.211925.12.29一等駆逐艦
(第15号駆逐艦)
1928. 8. 1 改名(朝凪)
1944. 5.22 戦没
(被雷/小笠原西方)
[28.20N, 138.57E]
1944. 7.10 除籍
夕凪
(第17号駆逐艦)
Yunagi
(ex-DD-17)
大12佐世保工廠1923. 9.171924. 4.231925. 5.24一等駆逐艦
(第17号駆逐艦)
1928. 8. 1 改名(夕凪)
1944. 8.25 戦没
(被雷/ルソン島北西)
[18.46N, 120.46E]
1944.10.10 除籍




神風級は、峯風級に続く日本式一等駆逐艦の第二弾である。このクラスから、艦名の代わりに番号を割り振るという方式が採られた。一等駆逐艦は奇数である(決まっているわけではない。のちには偶数番号を持つ一等駆逐艦も現れた)。峯風級神風級の違いはほとんどない。後者がわずかに幅広になっているくらいである。高速航行時の安定性のためだろう。武装的な違いはまったくない。
神風級は9隻建造され、すべてに番号が与えられたが、昭和3年に固有艦名に改められた。明治末に多数建造された三等駆逐艦がこの時期までにすべて除籍されて艦名に空きができたためにそれを襲うかたちで固有艦名が与えられたのである。これは他の番号駆逐艦も同様である。
太平洋戦争が開戦したころには神風級の艦齢は20年近くに達しており、武装も最新とは言いがたかった。しかし全艦が駆逐艦籍のまま大戦に参加し、2隻をのぞいてすべて戦没している。神風級駆逐艦は、艦隊に配属するには能力不足だったが、30ノットを発揮できた高速は船団護衛に有効であり、海防艦が多数建造された戦争末期においても、神風級などの旧式駆逐艦は有力な護衛艦として重宝されていた。



TOPページへ フネのページへ


Copyright © Hiroshi Nishida (Misohito), 1999.
Illustration by courtesy of Tensho