白雲 三等駆逐艦




排水量常備 342t, 満載 428t
長さ垂線間長 65.89m, 全長 67.51m
全幅6.34m
喫水1.83m
機関2軸レシプロ, 3缶, 7000ihp
燃料石炭 95t
速力31ノット
兵装8cm/40口径砲 1門, 57mm速射砲 5門, 45cm魚雷発射管 2門
乗員59



艦名 計画 建造 起工 進水 竣工
白雲Shirakumo明33英Thornycroft1901. 2. 11901.10. 11902. 2.13駆逐艦(軍艦)1905.12.12 駆逐艦
1912. 8.28 三等駆逐艦
1922. 4. 1 二等掃海艇
1923. 4. 1 雑役船
1925. 7.21 処分
朝潮Asashio明33英Thornycroft1901. 4. 31902. 1.101902. 5. 4駆逐艦(軍艦)1905.12.12 駆逐艦
1912. 8.28 三等駆逐艦
1922. 4. 1 二等掃海艇
1923. 4. 1 雑役船
1926. 4. 5 売却




日清戦争後の第一次海軍拡張計画で英国に発注された12隻の駆逐艦の実績により、第二次拡張計画では4隻の駆逐艦が追加発注された。第一次艦と同じく、英国の駆逐艦建造の雄であるヤーロー社とソーニクロフト社に半数ずつ発注されている。このうちソーニクトフト社が受注した2隻が白雲級と呼ばれる。第一次のソーニクロフト艦である叢雲級と比べて白雲級では船体が若干大型化したがまた機関出力も向上して、速力は31ノットを発揮した。また第一次艦の半釣合舵を釣合舵に改めている。
2隻は日露戦争で同一の駆逐隊に所属して行動し、特に日本海海戦では昼夜問わず敵艦に肉薄して魚雷攻撃を加え損害を与えた殊勲艦となった。大正11年にそろって掃海艇に種別変更されたが一年で雑役船となり、相次いで除籍。



TOPページへ フネのページへ


Copyright © Hiroshi Nishida (Misohito), 1999.